schedule

2024/02/10~25
Hinagazari 〜雛飾り〜
2024/1/13〜1/28
行然庵 古代(縄文)を紡ぐ
2023/12/2~12/24
オキーノ人の食卓
2023/11/3~11/12
衣田雅幸展 CATS
2023/10/14~10/29
大森梨紗子 展

阿呆窯 
西川真衣 作陶展
〜和束にて〜

2023年9月9日(土)
~10月1日(日)

11:00~18:00 
※水・木・金曜日、25・26日はお休み

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


京都府相楽郡和束町にて独立し、

初めての個展です。

想い描いていた環境の中で、

自然の音と己の心にじっくり耳を澄まして

制作しました。

同じものはひとつとしてありません。


もし、お気に入りと出会って

頂くことが出来たなら、

作り手としてこの上ない幸せです。



阿呆窯   西川 真衣



陶歴
1996年  大阪府堺市出身
2018年  京都府立陶工高等技術専門校修了
〜2021年 読谷山焼北窯 宮城正享氏に師事
2023年〜 京都府相楽郡和束町にて作陶


10月1日 無事会期終了いたしました

。


阿呆窯 西川真衣 作陶展
〜和束にて〜

 たくさんの方にお越しいただきありがとうございました。



西川真衣さんの初個展
、これからの彼女の活動が楽しみ!とおっしゃっていただける方が多くて、ご紹介させてもらった私たちもとっても嬉しい気持ちになりました。

会期中、阿呆窯のファンであり、お店でも器を使われている88ビスケットさんの焼き菓子も販売させていただける機会もいただきありがとうございました。



阿呆窯のInstagramアカウントはこちらになります→ @_odoruahou どうぞフォローしていただき、今後の彼女の活動を見守り応援していただけたらと思います。

会期終わりには、季節はすっかり秋。
彼女を見送ったあと、なんだか温かいものか恋しくなりました。




西川真衣さんありがとうございました。

お越しいただいたみなさま、snsで気にかけていただいたみなさま
ほんとうにありがとうございました。



 


 


10月1日の最終日、西川真衣さん在廊予定です。


 



 


 


京都の南端、滋賀と奈良と三重の境目あたり、南山城と宇治田原に挟まれるように和束町はあります。


日本昔話に出てくるような、こんもりとした山に囲まれた集落に、西川真衣さんの自宅と工房『阿呆窯』はあります。暑かった今年の夏、日中でも30度にいかないくらい涼しくて風が通り抜ける場所。隣には茶畑が広がっています。

4年間過ごした沖縄県読谷を後にし、信楽で1年過ごし、そしてこの地に数ヶ月前、自分の窯を持って独立された真衣さん。

和束に移って初めての、真衣さん自身にとって初個展をフェルトで開催していただくことになりました。


 

和束の風をいっぱいに吸い込んで、この夏に生まれて来た陶器たちがいよいよ池田にやって来ます。

 

阿呆窯 西川真衣 作陶展

〜和束にて〜

 

 

pagetop

loading