銀影 × An-rew solo exhibition
S〜重なるその先へ〜

2019年4月20日(土)~5月12日(日)

11:00~18:00
※火・水曜日 休み(5月3・4日休み)


“静動作家 銀影”、

“陶土生物作家 An-rew(アン・ルー)” という

2つの顔を持つ作家の

裏表の世界観がはじめて融合する。


重なるその先はどこへ向かうのか…




今回のFältでの展示は、この作家にとっての

新たなる Start でもあり

ここに大切な種、Seed を産み出す場でもあります。


「平成」から「令和」へと変わっていく時

Fältにとっても新しい時代への Start です。

いろんな意味が重なり合う「S」を感じに

是非お越しください。



作家在廊予定日 13:00〜
4月20土、27土(15時過〜)、29月
5月9木、11土、12日

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

profile
1972  福岡生まれ
1993  京都芸術短期大学 映像科卒
1998-2000 滋賀、山梨 就農
2002〜 陶土生物作家 An-rew 作陶開始
2012〜 静動作家 銀影 作陶開始

………………………………………………………………………………………
静動作家 銀影(Ginei)
略歴
2012  6 東京吉祥寺re tail 6人展(東京吉祥寺gallery)
2012 10 アートストリーム(大丸心斎橋)
2013  7 SNIFF OUT(インテックス大阪)
2013 11 アートストリーム(大丸心斎橋)
2014 10 京都国際映画祭アート部門(京都元立誠小学校跡)
2014 12 大阪梅田グランフロントLab(正面オブジェ設置、2015・10まで)
2015 10 UNKNOWN ASIA(大阪中央公会堂)
2016  3 NOMA 伊ナポリ企画展 (llROMA D’ono gallery)
2016 10 赤マルシェ(中之島公園)
2017 11 UNKNOWN ASIA(梅田ハービスホール)
2018  3 アラタパンダン展vol.5(名村造船所跡地内)

受賞歴
アートストリーム2012 奨励賞
アートストリーム2013 グランプリ
赤マルシェ2016  LINKS賞

………………………………………………………………………………………
陶土生物作家 An-rew(アン・ルー)
略歴
阪急梅田スーククリエターズ展、MICALI gallery、zooclogique cafe&gallery、阪急川西、アートDive京都、大坂難波高島屋、大丸心斎橋、GULIGULI(大阪池田)、恋するマルシェ(大阪中央公会堂)、信楽作家市、京都夜久野手作り市、
など多方面で展示

pagetop

loading