鈴木 隆 展 「ホ」(終了)
Takashi Suzuki Exhibition 〜 ho 〜

2020年11月29日(日)~12月20日(日)

11:00~18:00
※火・水曜日 休み



自分の中で混沌としたものがあって、それが外に出たがっていた。

正邪、明暗、光と影、恐怖と憧れ、愛されたいという渇き、追放への恐れ…

様々なものが同時に存在しているカオスのままの自分が、

そのままで、心から安心して存在していられる場所。

「そこ」を無意識に求めて手を動かしてしまっています。

ちょうど、夜の羽虫達が電灯の光に向かっていくように、

大きな安心を求めているのかもしれません。



                〜 鈴木 隆 〜




ヤマトコトバの一音一音には意味があったと言われています。

陶器は最後に火によって作られますが、

「火」は「ホ」、稲穂の「穂」も「ホ」という音。

「ホ」という音の中に何か共通した意味があります。

「喜び、安らぎ、大切なもの」みたいなもの。

そんな陶器作品が並びます。師走のフェルトに是非お越しください。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

◎鈴木 隆さんの器でいただく食卓の会
12月12日(土)
①12:00  ②14:00  ③16:00
※全ての会、満席となりました。
以降はキャンセル待ちにさせていただきます。ご了承ください

参加費/1,000円
各会6名(予約優先とさせていただきます) ※ご予約は info@falt.me まで
 メインの素材は三田市で真心込めて育てられた山本直樹さんのお米
 料理人は みくり食堂 林 澄子さん
 温かいひと皿から(お粥 又は 玄米スープ)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


鈴木 隆  Takashi Suzuki
1958年新潟県生まれ。1982年に伊豆大島焼の大場淳郎氏と出会い、指導を受ける。その後1983年より2年間、丹波立杭焼にて修行。1986年に独立、京都府北部の綾部に築窯し現在もここを拠点に作陶を行う。使いやすさ・柔らかさの感じられる形、愉しさを求めて、普段使いの器から、花器やオブジェ、絵画などコツコツと制作を続ける。

ts-note
https://ts-note.tumblr.com/


 鈴木 隆 展 「ホ」


Takashi Suzuki Exhibition 〜 ho 〜

無事終了いたしました。

 

たくさんの皆様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

2020年最後を鈴木さんの作品に満たされてフェルトを閉じることができました。土曜日と最終日は、購入された作品を最終日まで置いていただいていた方々も作品を取りに来られ、鈴木さんといろんなお話もしていただけたり、久しぶりにお会いできたと方とフェルトで年の瀬の挨拶もできたり、とても温かな時間でした。

2020年は予想もしていなかった時代になり、社会や人間関係が分断され、不安を抱えながら終わろうとしています。どんな時代になっても「ヒト」にとって大切なものは、ほっ とする場所だったり、食事だったり、「ヒト」とのふれあいなんだろうなとおもいます。日や火、穂、頬、漢字にすると異なったイメージとして感じていたもの、その元にはホという音があるのかなと思っていました。そんなときに鈴木さんに「ホ」なんですが・・とお伝えすると「ホ?」??という ほ〜?な空気になり、、でもすぐにそのイメージを共有していただき、新たな作品と近年の作品をフェルトの空間で置いていただくことができました。

 

期間中の「鈴木 隆さんの器でいただく食卓の会」開催に快く参加していただいた、三田市の農家・山本直樹さん、そして池田市の料理人・みくり食堂 林 澄子さん、本当にありがとうございました。

お二人の愛のこもったお米とお料理には、体の芯から喜びを感じることが出来ました。

会の最後にマスクを取って撮影した写真、最高でした。ありがとうございました。

 

最後になりましたが、鈴木隆さん、素敵な展示を本当にありがとうございました。

ホっ。


 



片腕の夫人像。鈴木さんが折に触れ展示に出される作品だそうです。今回のフェルトでの個展「ホ」の意味をお話しした時に、鈴木さんからいただいた言葉にこの夫人像への想いが重なる気がしています。最終3日間、優しい光の中に夫人像を置いて、お待ちしています。



自分の中で混沌としたものがあって、それが外に出たがっていた。正邪、明暗、光と影、恐怖と憧れ、愛されたいという渇き、追放への恐れ…

様々なものが同時に存在しているカオスのままの自分が、そのままで、心から安心して存在していられる場所。

「そこ」を無意識に求めて手を動かしてしまっています。ちょうど、夜の羽虫達が電灯の光に向かっていくように、大きな安心を求めているのかもしれません。 

〜 鈴木 隆 〜



 


11月29日、鈴木隆 個展 〜ホ〜 始まりました。

初日からたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

鈴木さんの今後の在廊予定日は、12月5日・13時〜、12日・11時〜、20日・13時〜 の予定です。




 




pagetop

loading