ラオスの布展(終了)
〜ラオスの小さな村に暮らすニャー母さんの手づくり布〜

2018年8月18日(土)・8月19日(日)
11:00~18:00

ラオスのタイドン族のニャー母さんとその姉妹と共に暮らし、布作りをされている前川サチさん。
山の斜面の畑で自然栽培された綿をひとつひとつ手で摘み、紡がれた糸。
その糸は、草木で染められ丁寧に織られて布になります。

そんな手織りの布を大切に使っていただけたらと、今回Fältでご紹介いただけることになりました。
2日間だけの展示販売になります。
ラオスの布のほか、紡いだ糸や現地の雑貨などもあわせてご覧ください。
また、その布で作られたmokono 篠山店オリジナルブランド nya- のパンツも同時展示販売。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

草木染め e n n 澤邑直美 個展(終了)
〜藍を染む 布に聴く〜

2018年8月23日(木)〜9月6日(木)
11:00~18:00/月・火 休み
*澤邑直美さん在廊日、8/23、26 9/1、2、6

丹波 青垣で自家栽培した蓼藍。
その自然豊かな環境で育った藍をふんだんに使った藍染めの布
重ねてそめた深い青、清涼な空気を纏うような涼やかな青
藍で染まる色調の奥深さを表現するenn 澤邑さんの作品をぜひこの機会にご覧ください。

*期間中、藍以外の草木染めの作品もご覧いただけます。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


『草木染め e n n 澤邑直美個展』

-藍を染む 布に聴く-

.

たくさんの方々にお越しいただき本当にありがとうございました。

.

藍の色の奥深さ、草木の色の豊かさに心動かされる日々でした。

手にとっていただき、窓辺の陽にその色をかざしてご覧いただいたり、身に纏っていただいたり、澤邑さんの染める色をたくさんの方に感じていただきとても嬉しい期間でした。

またいつか澤邑直美さんの自然からの色をFältに持って来ていただけたらと思っています。

.

期間中には、台風が2回、北海道では地震。自然の壮大さ猛威の怖さを感じる期間でもありました。

被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧することをお祈りいたします。

自然と暮らし。災害のたび普段の暮らしがどれだけ奇跡に満ちているのかを気づかされます。

澤邑直美さんが表現する草木の色を手にして、そんな大切なことを置き去りにせず過ごしていける気がしています。


 


 


 


 


 


 


 


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


『ラオスの布展』

二日間の短い開催でしたが、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

前川サチさんにラオスでの布作りに纏わるお話からその暮らしのことまで、ニャー母さんたちと作った布を前にして聞けたことはとても貴重な時間となりました。

また、mokonoさんのオリジナルブランド『nya-』の商品をご試着していただきその布のよさを感じていただけたのではないでしょうか!

またFältで開催できれば、、、とニャー母さんの写真の笑顔と前川サチさんの秘めたガッツが恋しいです。









15年間ラオスと日本を行き来して暮らされている前川サチさん



pagetop

loading