絵の栖 (終了)
nakaban exposition at Fält

2016年8月26日(金)~9月19日(月・祝)
11:00~18:00
※水・木曜日 休み
nakabanさん在廊日 8月26日(金)

画家nakabanの個展を開催いたします。
Fältの小さな家がnakabanの絵の栖(すみか)になります。

是非、この機会にnakabanの世界に会いに来てください。

 

 

今、ここにある新しい絵。

これは明日には昨日の絵になる。

僕は絵を描きながらいつも絵の後ろ姿を見ている。

絵がこちらを向いていなくて良かったと思う。

もしも絵がこちらを振り向けば、おそろしい。

目が合った瞬間に僕など狂ってしまうのだろう。

 

絵の後ろ姿は小さな点に限りなく近づきながらも消えない。

その小さな点は夢のような風景を生み出す起点となる。

だから絵描きは「遠くなるもの」に惹かれ続けてしまう。

 

遠い光は小さくかがよいながら絵の中に澄んでいる。

今でも。

 

nakaban

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

nakaban(画家)

なかばん|1974年、広島県生まれ。広島県在住。

旅 と記憶を主題に絵を描く。絵画作品を中心に、印刷物の挿絵、絵本、映像作品を発表する傍ら、音楽家のトウヤマタケオと『ランテルナムジカ』を結成し、音楽 と幻燈で全国を旅する。’13年には新潮社「とんぼの本」のロゴマークを制作。主な作品に絵本『よるのむこう』(白泉社)、『みずいろのぞう』(ほるぷ出 版)、『ないた赤おに』(浜田廣介作/集英社)など。
http://www.nakaban.com/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

0922-30922-20922-70922-40922-50922-6

夏の気配がたっぷり残る頃に始まったnakabanさんの個展。
終わる頃には、秋の虫の音が響き、一枚羽織るものがいるくらい次の季節になっていました。

期間中、沢山の方々にお越しいただきありがとうございました。
nakabanさんの作品を見ていただけたこと、とても嬉しく思っています。

絵の栖は通常の住処にもどります。

池田の五月山の麓までわざわざ足をお運びいただけたことに感謝の想いでいっぱいです。



ありがとうございました。

0922-1

 

 

9/11
IMG_8953b
IMG_8950bIMG_8993bIMG_8961bIMG_8972bIMG_8969bIMG_8942bIMG_8931bIMG_8925bIMG_8976bIMG_8959bIMG_9058bIMG_8915b IMG_9050b IMG_9047b IMG_9042b IMG_9040b IMG_9035bIMG_8909bIMG_9017b

 

8/30
IMG_8883b
IMG_8885b IMG_8889b IMG_8890b

外は少しひんやりした空気、中は柔らかい西日に包まれた空間で
トウヤマタケオさんのピアノとnakaban。すごくいい時間です。本日も遠くまでnakabanの絵を見にきていただいた皆様ありがとうございました。9月からも引き続き開催しております。お待ちしています。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

nu食 喫茶室 (終了いたしました)
8月27日(土)・28日(日)12時〜18時

ヴィーガンフードのnu食さんのお菓子、飲み物の販売もあります。
ほっとする懐かしい味をお楽しみください。
nakabanさんの絵と共にゆったりやさしい時間を感じにお越しください。

nu食  http://nu-syoku.tumblr.com/ 

IMG_8847b
↓ 冷やしぜんざいIMG_8815b
↓ 森のティラミス
IMG_8846b
nu食 河田のぞみさん
IMG_8833b IMG_8834b

IMG_8772b IMG_8776b IMG_8780b IMG_8782b IMG_8784b IMG_8795b IMG_8798bIMG_8877b


豊中市の緑地公園のそばにある素敵な本屋さん「blackbird books」の吉川さんセレクトによるnakabanさんが装画された本のコーナー。

IMG_8788b


大阪の東欧雑貨店「チャルカ」とnakabanさんがコラボしたチャルカオリジナルの紙商品も販売しています。

IMG_8802b IMG_8806b

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

本日8/26より
nakaban exposition at Fält  始まりました。
本日は17時まで画家ナカバンさん在廊しております。
少し涼しくなった五月山で皆様のお越しをお待ちしております。

IMG_8766bIMG_8764b IMG_8757b 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

こちらで少しずつnakabanのことや今回の展示のコトを紹介していきます。

0802-2
nakaban Fältにて(2016年6月)

 

nakabanの絵の後ろ姿をyoutubeで少し探してみました。

https://www.youtube.com/watch?v=1M8FJZJ67-o

https://www.youtube.com/watch?v=ttzt2t7KS88

https://www.youtube.com/watch?v=e6nCeeOciOA

LANTERNAMUZICA(ランテルナムジカ)
https://vimeo.com/user2324861

※過去のnakabanの映像の世界です

 

期間中、大阪豊中市の緑地公園のそばにある素敵な本屋さん
blackbird booksの吉川さんセレクトによるnakabanさんが装画された本の本棚を設けます。
どのような本が並ぶのかは未定ですが、大変話題になって今では新書としては購入できなくなっている2015年8月にサウダージ・ブックスから刊行された原民喜の小説集『幼年画』の初版本(数冊だけですが)や、発行元を瀬戸内人に移して、製本を並製から上製に変更し、「新装版・愛蔵版」として新たに刊行された[新版]幼年画も並ぶ予定です。初日はnakabanさん在廊されるのでサインもお願いできるかもしれません。お楽しみに。

blackbird booksさんhp http://blackbirdbooks.jp/

younenga1younenga2

幼年画

光の言葉に充ちた小説集
—若松英輔氏(読売新聞書評)

あの日、自分がまだ子どもだった頃
同じような風景を見ていたような気がするのは、なぜだろう

遠藤周作や大江健三郎が絶賛した小説「夏の花」の作家が、原爆投下以前の広島の幼年時代を追憶する、美しく切ない短編小説集―。広島・被爆70年という歴史の節目に話題になった、同地出身の詩人・小説家、原民喜(1905~1951)の文学を「新版」として刊行します。
原爆投下直後の広島の惨状を描いた名作「夏の花」で知られる作家・原民喜。戦後、自ら命を絶つ前に、作家本人によって編まれた短編小説の連作「幼年画」を 単行本化しました。古書・蟲文庫の店主でエッセイストの田中美穂の解説を付し、原民喜の知られざる初期作品に新しい光をあてます。

「詩人であり小説家である原民喜の名前は、原爆投下直後の広島を書いた名作「夏の花」で知る人が多いと思う。……「幼年画」は、原爆以前に書かれた初期の 作品集で、これまで全集にしか収められていなかった。タイトルのとおり、おそらくは誰しもが持っていたはずの「幼き日」の記憶が、春から 夏にかけての瀬戸内のやわらかな風土とともに、 せつなく美しく描かれている」(田中美穂「解説」より)

 

 

 

 

nakabanより今回の展示の制作途中の絵が送られてきました。

色も変わっていくかもしれないし、ここからも変化していくとのことです。
どんな風に仕上がってFältにやってくるのでしょうか。楽しみです。

n3b

 

nakabanさんのブログでも今回来るかもしれない絵がアップされています。
http://nakaban.blogspot.jp/

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

5月の下旬、今回の個展の打ち合わせにnakabanの広島のアトリエを訪れた。オバマ大統領が初めて広島の平和記念公園を訪れる数日前だった。
平和記念公園から歩いて行ける距離にnakabanのアトリエはあった。深緑のタイル貼りのすこし懐かしい味わいのある建物だった。

IMG_9528b

あたたかな日差しが差し込む部屋には、所狭しとnakabanの絵が並んであった。ほとんどが制作中の絵だという。壁に取り付けられたグレーの鉄のボードにもオリジナルの四角いマグネットで絵を留めて並べてあった。壁に取り付けられた細長い枠のようなものにも小さな絵が並べられていた。どこかの風景の絵だったり街の一角をトリミングしたような絵だったり、静物画だったり。
nakabanは言う「描いたときにいいなって思った絵でも、数日置いておくと違った印象になってよくなくなったりするんだよね。反対に全然いいと思ってなくても、時間が経つとすごくよく見えてくる。不思議だよね」って。そうやって少しずつ色を重ねながらひとつひとつの絵を育てているみたいだと思った。おもむろに筆をとって描き始める。迷いがないというか何かに動かされているように手が勝手に動いているようにも思えるほど。nakabanは少し顔を斜めにしながらその手を眺めている。手を眺めているのか、そのずっと先の世界を眺めているのか、楽しそうなんだけどすごく不思議な表情をしていた。

 

0817001 0817002 0817003 0817004  0817006 0817007 0817008 0817009


nakabanの絵がFältにやってきます。nakabanはその時々で絵が変わってくるといいます。
最初に送られていた「絵の栖」という絵。

「栖(すみか)」とは鳥の巣、とか人や生物が住む所というような意味があります。

湖か海かのほとりを上がっていく土の道沿いに建つ小さな家。鳥の栖のような小さな家。ここにnakabanの絵がたくさん並んでいるのだろうか。
この絵に続いてやってくる絵を楽しみに待っています。

 

0922-8
nakaban Fältにて(2016年6月)

 

畑天満宮 秋祭り

【宵宮10月19日(土曜日)】 太鼓・樽神輿運行
【本宮10月20日(日曜日)】 昼の部/太鼓・樽神輿運行
                夜の部/太鼓(神輿)宮入り19時ごろ〜

Fältの真上にある畑天満宮は、永長二年(1097年)11月11日創建。天正年間の兵火に罹って焼し、文禄4年(1595年)に村民によって再建、ついで元禄、宝暦に改造、明治4年にも造営されました。現在の社殿は平成七年の阪神大震災で本殿が倒壊し、平成12年氏子崇敬者の協力で再建されました。

畑天満宮秋祭りは江戸時代初期の秦下(はたのしも)郷の頃から伝わる「五穀豊穣」「無病息災」「家内安全」を願うお祭りです。一時期途絶えていましたが、昭和47年(1972年)豊作を願う祭りとして復活しました。
神輿の上では化粧をした4〜6人の子どもの乗り子が太鼓たたき、本宮の夜の太鼓(神輿)宮入りでは、その神輿を60人ほどの男たちが担いで上渋谷、西畑、東畑それぞれの地域から畑天満宮へ向かって坂を登っていきます。天満宮の49段の急な石段を神輿を担いで登り切る宮入りシーンは勇壮果敢であり、天満宮の境内から見渡せる阪神間の夜景をバックに響く太鼓の音と、「よいさじゃ」のかけ声、何百年も受け継がれる神輿の光景は大変美しく情緒があります。地域の方々の努力で伝え続けられている文化価値のある秋祭りです。池田に長年住まわれている方でも知らない方が多い伝統のお祭り、お時間ありましたら是非間近で見てみてださい。

本宮の夜はFältもopenしていますので、是非お立ち寄りください。尚、Fältの前の参道はお車の通行禁止になっていますのでお越しの際はバスをご利用ください。
お酒やおつまみ少しご用意しておりますが、お飲み物や食べ物などのお持ち込み大歓迎しております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

現在の池田地域は、10世紀前半に作られた『和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)』によると、摂津国豊嶋郡に属しています。豊嶋郡には、秦上(はたのかみ)・秦下(はたのしも)・豊嶋(てしま)・駅家(うまや)・余部(あまるべ)・桑津(くわつ)・大明(おおあけ)の7つの郷(里)がありました。池田市域はそのうちの秦上・秦下・豊嶋の三郷に含まれていました。これら三郷は推測ですが、秦上郷は箕面市止々呂美(とどろみ)を含む細河地区、秦下郷は池田・秦野地区、豊嶋郷は豊中市麻田地域を含む池田市南部地区であったといわれています。池田は大宝律令(たいほうりつりょう、701年(大宝1年)に制定された日本の律令)の成立を受けて、猪名県から摂津国豊嶋郡秦上郷・秦下郷・豊嶋郷と呼ばれるようになりました。

秦上郷と秦下郷は渡来系氏族である秦(はた)氏が居住した土地であったことから生まれた地名であると考えられています。秦氏は、古墳時代に朝鮮半島から渡来した氏族です。秦の始皇帝の末裔と称し、後漢の霊帝の子孫とする漢(あや)氏と渡来系氏族の勢力を二分した有力氏族です。秦氏の渡来については、『日本書紀』応神天皇14年の条記載にみられる、弓月君(ゆつきのきみ)が120県の民を率いてやってきたことがその始まりであると伝えられています。秦氏は、山城国葛野(かどの)郡・紀伊郡・愛宕(あたご)郡(京都市)に勢力を持ち、その一族は全国各地に分布しています。また秦氏は殖産系氏族といわれ、土地開発や建設、養蚕や機織り(はたおり)といったエンジニアとして活躍したといわれています。

秦氏がいつごろ池田にやってきたかについては記録が残されていませんが、6世紀末ないし7世紀初頭に築造されたと考えられている巨大横穴式石室の鉢塚古墳(池田市鉢塚2丁目の五社神社境内に所在する古墳)の構造が、秦氏の本拠地である太秦(京都市右京区)に所在する蛇塚古墳と類似することから、この頃から池田市域に大きな勢力を持ち池田を中心とした猪名川流域の開発に関わっていたことが推測されます。

(引用:「池田学講座」池田市 池田市教育委員会発行)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

畑という地名は池田地域での秦(はた)氏の繁栄に由来しているといわれています。

1004-1 1004-2 1004-3 1004-4 1004-5 1004-6 1004-7 1004-8 1004-9 1004-10 1004-11 1004-12 1004-13 1004-14 1004-151004

2015年秋祭りより


 


 

lingering memory
岡野 香 exhibition(終了)

9月17日(木)~28日(月)
11:00~18:00

(期間中 9/23水曜日はお休みです)

暮らしの中に天使が舞い降りる、そんな世界に迷い込んだような感覚。
物語を読み終えた時の心地いい“余韻”と日常で寄り添うクレイ作品。

profile
岡野 香 Kaori Okano
陶芸作家。
略歴
1991 京都市立芸術大学大学院修了
1998 アトリエ「CLAY LAND」を開く
個展
1990 CLAY WORK展(アーススペース虹 京都)
1994 CLAY WORK展(アーススペース虹 京都)
2006 食器展(うつわクウ 芦屋)
2014 CRAFT WORKS展(CASAne 京都)
2015 陶びな展(志 zuki 三田)
受賞
1989 京都市立芸術大学作品展 買い上げ賞
掲載
1994 美術手帖 6月号

 

岡野さん在廊日は
9月17日(木)15:00〜
9月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)、22日(火・祝)11:00〜
の予定です。





9月28日、最終日になりました。お越しいただいた皆様本当にありがとうございました。

Fältの空間に凜とした緊張感と癒やしを与えてくれた岡野さんの天使たち。今日でお別れです。

最終日も18時まで開催しております。18時にはフェルトから夜景とともにスーパームーンも見えるかもしれません。





新しい天使たちも舞い降りてきています。







21日、17時。





午後4時、西日の中で。







9月20日、風が少しひんやりとしてきました。日の傾きとともに光の角度が変わっていき、天使たちの表情も変わって行くみたいです。







9月17日、本日より9月後半の展示

岡野 香さん exhibition

lingering memoryが始まりました。新たに整えた舞台に岡野さんのクレイ作品を一つひとつ置いていくと空間が別世界に変わっていくのを感じました。日常の生活の中でそっと寄り添ってくれる、あなただけの天使をさがしに来ませんか? 28日まで、11時よりopenしております。(23日はお休みです)




それぞれに違う天使のシルエットをいろんな角度から楽しんでください。


 


 


 

a day, a flower
中村 仁美、竹本 直子 exhibition(終了)

9月1日(火)~13日(日)
11:00~18:00

(期間中 9/8火曜日、9/9水曜日はお休みです)

普段のくらしに少し花を寄せるだけで、時間の流れが豊かになるような。
Fältの部屋が花のアトリエに。

作家さん在廊予定日:
中村仁美さん 9/1.2.5.6.10.12.13
竹本直子さん 9/1.2.5.6.12.13

 

▪️WORK SHOP 〜植物と糸のワークショップ〜

糸を編んだり結んだりして柔らかいアクセサリーを作られている竹本直子さんに
植物の実や枝を絡めてのアクセサリー作りのワークショップをしていただきます。
どんな風に仕上げるかは、素材選びから自由にしていただけます。
オリジナルアクセサリーをつけて秋のおでかけなんていかがでしょうか。

9月13日(日)13:00〜15:00
¥3,000円(cotocotoのパンと飲み物)
要予約(定員6名)
ご予約、お問合せ先 otoe@bianca.cc

 

profile
中村 仁美 Hitomi Nakamura
フラワーアーティスト。2002年フラワーアレンジメントスクール『pétale』を設立。池田市内のアトリエで、季節の花を使ってのレッスンをする傍ら、店舗やイベント、百貨店のディスプレイを手掛ける。その他、学校や企業でのワークショップ、各種イベントへの出店も。2010年 阪急百貨店うめだ本店 ショーウィンドウ装花。2014年阪急百貨店うめだ本店ショーウィンドウ装花とウィンドウパフォーマンス。 
http://petale.petit.cc

竹本 直子 Naoko Takemoto
糸使い作家。『usausabonbon』として色々な糸を編んだり結んだりチクチクして、アクセサリー、帽子などを製作。各地手作り市などに出店。沖縄・八重山諸島の黒島に住む姉の営む雑貨店『3banza market どんぐり姉妹店』ではバイヤー、HP担当。
http://dongurishimai.petit.cc


a day, a flower

中村 仁美、竹本 直子 exhibition

本日無事終了いたしました。たくさんの方々にお越しいただき、本当にありがとうございました。


 


自然にドライになっていくお花たち。時間とともに変化していく美しさを感じさせてくれました。




ワークショップでは、みなさん非常に完成度の高いオリジナルアクセサリーを作成されていました。




中村仁美さん(左)竹下直子さん(右)






本当にありがとうございました。



玄関がさらに秋らしくなりました。

残り3日となりました。13日まで。

空気が秋らしくなってきた五月山の麓でお待ちしています。




9月6日、雨の日曜日。

雨の日はお花の色が鮮やかに感じます。

本日は3時より中村さん、竹本さん在廊されています。

皆様のお越しをお待ちしています。







糸使い作家・竹本直子さんのつくるアクセサリー。

彼女の人柄が作風にふんだんにでています。

お気に入りをさっそくつけていただきました。


13日には、ワークショップがあります。

あとお一人様わくのみとなりました。



*植物と糸のワークショップ*

9月13日sun 13:00〜15:00

定員6名(要予約)

otoe★bianca.cc

(★を@に変えてください)

¥3000円

cotocotoのパンと飲み物付


 




8月30日、中村仁美さんと竹本直美さんお二人によって作品の設営が行われました。Fältの部屋が素敵なお花の空間に生まれ変わりました。9月1日より皆様のお越しをお待ちしております。


 


中村さんのお花と竹本さんのお花のアクセサリーがひとつの空間の中で自然に共存しています。

※作品は全て販売しております。(アレンジのための非売品もありますので、スタッフにお申し付けください)




Fältの玄関にある苔の間から、にょっきりオレンジ頭のキノコが。お越しのさいは、にょっきりキノコを見てください。ちっちゃくてかわいいです。

pagetop

loading